学⾧・
代表あいさつ

  • HOME
  • 学⾧・代表あいさつ

学⾧・代表あいさつ

スクオーラ帯広校
学長

ピーター ホウ Peter Ho

プロフィール
アシスタントティーチャーを経て音楽(2005〜)、体育(2006〜)教師として兵庫県神戸市の聖ミカエル国際学校に勤務、2018/6より当校校長として就任。

  • 1993 政治経済学学士(University of Toronto)
  • 1997 音楽療法学学士(University of Windsor)
  • 2013 小学校教諭免許、教育学修士(The College of New Jersey)

学長あいさつ

スクオーラ帯広校は帯広市の中心部、帯広駅に位置しています。
私は幼い頃から学校で世界を学び、先生や友人から様々な事柄を学びました。
これは、人種、年齢、または生まれに関係なく、すべての人々のための生涯のプロセスだと思っています。
私が何よりも大切だと思っていることは、この学びの中で、基礎知識を得るということだけではなく、能動的に「何を」「どのように」学ぶのか、その「学び方」だと思っています。

スクオーラ帯広は、生活の難しさを持つあらゆる人が学び続けることができる全国的にも珍しい大学です。

スクオーラ帯広の重要な目的の一つは、「学びが楽しい」「もっと理解を深めたい」と感じられる、環境を作ることです。
学校は、もともと新しいアイデアを学び、学生の様々な可能性を発見する場所です。

だからこそ、スクオーラ帯広校は学生の想いや考え方に寄り添う学びの場を提唱します。

私たちの重要な役割は、学生のことを知りどのような学習が学生にフィットするのかを考えチャレンジすることなのだと考えております。

スクオーラ帯広校に通う学生が能動的に学び成長すると同時に、各カリキュラムの講師も、学びを深めより良いカリキュラムになっていくのだと確信しています。

ここスクオーラ帯広校は、新しい可能性を見つけることができる場所です。
新しい学びの場がスクオーラ帯広校から始まります。

The Schola Obihiro school is conveniently located for everyone in Obihiro station, at the center of Obihiro city.
From a young age, we learn the world in school and learn various things from teachers and friends. I think that this learning is a lifelong process for all people regardless of race, age, or origin.
We receive basic knowledge at school, but I think that what is more important than learning is “How to learn”.
Schola Obihiro is a unique, learning university where any persons with difficulties in life can continue to learn regardless of any disabilities.
One of the important objectives of Schola Obihiro is to create an environment where learning and teaching is fun. School is a place where you originally learn new ideas and discover your possibilities.
To that end, we use a student centered learning method at our school.
The important role of our teaching position is to know our students and to think about what kind of learning is best suited for them.
As students learn and grow, lecturers of the Schola Oihiro will also be learning and becoming better teachers.
This is a place where you can build new experiences and find new possibilities.
New learning for everyone begins at Schola Obihiro.

株式会社しんかーず
代表取締役

油谷 慶一 Keiichi Yutani

代表あいさつ

スクオーラ帯広校は、障がい福祉サービスの中の自立訓練、(生活訓練)、就労移行支援を組み合わせた4年生の福祉型専攻大学です。全国的にも珍しい取り組みで、基本的には高校を卒業された方、また、在宅等で学びたいという方々を対象としています。
高校を卒業した方にとっては、公教育の中では、どちらかというと、先生が教える側、生徒は受身的な形が多かったのではないかと思いますが、スクオーラ帯広校では、大学の感覚で、「自分で考えて行動する」ことが、重要であると考えています。これは、社会に出てからも役に立つことであると思っています。
スクオーラ帯広校の特徴としては、聴くだけの講義だけではなく、自分で体験、経験することによって体で感じてもらえるようなカリキュラムを充実させております。講師陣も十勝、帯広を代表する人材に恵まれ、誰もが受けたい講義になっていくと思っております。
スクオーラ帯広校は、宝石箱の中に原石がいっぱいあります。この原石をどのようなカリキュラムで磨いていくかは、われわれ講師陣にかかっています。今後、この原石が少しずつ輝きを増してすばらしい宝石となり、スクオーラ帯広校の卒業生として、企業に望まれて採用していただけるよう日々努力していきたいと思っておりますので、その姿をみまもっていただければと思っております。