理念・教育方針

  • HOME
  • 理念・教育方針

人生を自分で切り開くための4年間

18歳から22歳の青年期は、なりたい自分を見つけ、どうしていきたいのかを考える4年間です。
スクオーラ帯広校は、青年期にある若者たちが社会の一員であることを自覚し、
人との関わり方や人生の楽しみ方、生活に必要な知識を学び、
自らの人生や生き方に関わる価値を意識的に作り出す学びの場となることを目指しています。

スクオーラでは、大切な自己確立の期間を4年間という一般の大学と同じ期間で設定。
また、高等支援学校を卒業後に就職したものの、もう一度学びたい人にも門戸を開きます。

4年間を通して「自立」「仲間」「体験」「就活」という大きな4つの柱を軸に、段階に応じた幅広い授業を展開。
卒業後、企業で戦力として信頼される人となり人生を楽しみ自分らしく生きていけるよう全力でサポートします。

スクオーラの教育方針
社会で働き生活するための、4つの柱。

Policy I
自立
自分で気づく

4年間でいくつもの経験から段階を得て「自立」を促すカリキュラムを用意しています。
まずは自分を認めること。自分自身を深く理解することで、他者への理解も深まります。
知識と経験で自信をつけ、自分で考えて行動できる「自発性のある人」を目指します。

Policy II
仲間
仲間の大切さ

より複雑な人間関係の理解が進むように、授業はもちろん「学生自治会」「サークル活動」など、仲間と楽しみながら協力して何かを成し遂げる機会や、話し合う場を設けます。
仲間との学び・経験を通し「自主性」「協調性」「コミュニケーション能力」を身につけます。
人と関わる楽しさを体感することで、社会に出てから積極的に行動できる人を目指します。

Policy III
体験
本物に触れる

視野の広がる青年期に本物に触れる体験は大きな刺激に。
文化や芸術は今までよりも広く・深く、職業体験はより積極的に参加できる機会を設けます。
現地に出向いて学ぶ機会や様々な分野の外部講師から学ぶ機会をたくさん設けることで、知識や趣味の幅を広げ、自分の可能性を広げます。

Policy IV
就活
就職先を選ぶ

豊富なカリキュラムの中から希望する職への就労につながる科目を自分で選択し、職業体験やインターンシップ・就職活動を行います。
誰もが興味のない仕事は長続きしません。培った判断力で幅広い選択肢の中から自分自身で職業を選び、働き先を見つけることで仕事への熱意が生まれるようになります。